top of page

閉鎖的空間の打開策

思うことが多々あって、



ヘアサロン経営をしていると何かと経営者とはと考えさせられる事ばかりで、



2023年にもなると過去にインターネットが普及した頃を知らない人や、


ブログを書くのが当たり前でなかったり、



インスタなんかそうですね、気持ち悪い世界になったなって本当に思います。



負け惜しみなのかもしれないけどね(フォロワー少ないし)



僕は私は我が社はなどなど本質的な心を本当に書いてるとは思えないんですよね。



だって美容師なんだから髪切るのだって当たり前であって心を込めて切るのだってそうである。



僕のこだわりだとか私にしかできないとか文章にすればその人のストーリーが出来上がってくる。



短文が好みの人が多い今はこういったブランディングで人の心を掴めているのかもしれないですね。



私は相変わらず逆をいきますね。



そうそう、結果としてやはりその生き様だったりするのが経験です。



松坂牛と宮崎牛やいろんなブランド牛は食べてみないことには味の違いはわからないですよ。


初めて食べる場合はたらふく食べたいですけど何回も食べるとほんの30gでいっかなって思ったり。



今書いた文章って何年も経過した文章ってわかります?



そこね。



それが経験。



僕らの世代は(もう世代って言っちゃいけないような年齢だけどさ)



カリスマブームの前なんですよね。



まだ美容師一年目で田舎のね最初はヨーコ美容室ってところで働いてて、


すごく良いスタッフばかりでね、ヨーコ先生って呼んでたな。



田舎でもめっちゃ人気でね、娘さんはヤンキーでめっちゃ怖かったけどw


嫌いではなかった、優しかったしね、もちろん先輩たちも。


その美容室ではマニュアルがないのよ、だからシャンプーに入るとねお客様によっては何故か40分とかシャンプーしちゃうわけさwww


今考えるとあり得ないわけさ。



そんでお客様いないと夕方早く閉めちゃったりねw



そんなある日ね、



しんびようってプロが読む美容雑誌があってね、



待合で座って呼んでたのね。


誰も知らないだろうけど伝説の信龍さんとかね(名前間違ってないかな?)


今の時代は本当の意味で上手い人はいないって思ってる私なのでね、本当つまんない。



その雑誌でさ小林さんっていう女性の美容師さんがねめちゃくちゃ坊主でカッコよくてね、


やべえ〜東京行きて〜ってなったわけね。


ちょうど私らの頃はインターン制度があってその後に実技試験だったかな?だからまだ状況はできなくてね。



その一年前に美容学校の修学旅行があってね、


いつもはロンドンとかフランスなのにその年だけ東京でね、



なんでよーってなったけど、



そう覚えてないけど世界大会があってさ、だから東京だったんだよね。



そこの会場でもらった求人誌があって、発行第一号でね、


それが美容師は絶対知ってるリクエストqj



当時は新聞くらいの大きさでしたね。



それをみて東京に行ったのね、半ば強引に。



話は戻って、



今書いた文章って何年も経過した文章ってわかります?


ってまた戻るけど、



ファッションも何回もリバイバルがあって経験があって繰り返していく。



本当の経験なんて数なんかじゃなくて考え方と年月であるかなって、



思うんですよね。



LOVERSOUL18年目になるのかな?



過去は変えられないけど失敗ばかりでした。



自分が嫌なことをそのままやってたしね。



そう育てられたからね、先輩たちも悪かったからね。


もちろん否定はしない、結果は残ってるから。




正直今の事業的なことで言えば右肩上がりではありますよ。


この年だと下がる一方のはずですけどね。



頑張りかたのコツを行動してるので。



やはり最後は愛でしかないです。



お客様一人一人手を振ってありがとうと毎日見送ってます。



関係性って大事。



合わない人は合わない。



諦めではなくて人間だものしょうがない。



だから愛してもらえればとことん愛で返せるし、



中指立ててたあの頃と、



今は中指を折れるようになった。



素直にお客様に愛してるって言ってるしね。



ただ愛がなくなるようなことはしてないつもりでも、



そう感じたら離れてく。



悲しいけどね、だって人間だもの、



100点取るのは難しい


だから10000点を目指してるんです。



超えてくよ俺はね。



タイトルはあんまり関係ない。



閉鎖的より両手を広げて待ってるよって言いたいだけ。



ありがとうお客様



インスタはクソでもブログは心を読める。


インスタ嫌い。思ったこと吐いてないよあれは。



だから繰り返す思い出は忘れてはならないこともあり、


忘れたいこともある。


だって人間だもの。




今回書いた文章は過去と現在だから30年だ。



まだ頑張れるね。




Comentarios


最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page